[iPhone] segue 有・無で画面遷移 (Apple Watch)

Segueを使った画面遷移はAppleWatchでは
WKInterfaceControllerで定義されている
contextForSegueWithIdentifier
を使います

Segueを使わない場合は
pushControllerWithName
presentControllerWithName
にて同様のことができます

ボタンをタップして次のページへ移行する例です

segue_1
segue_2

 

watchOS 2.0
Swift 2.0
Xcode 7.0

 

contextForSegueWithIdentifier

 
遷移先の InterfaceController をIBで作り
NextPage.swift のクラスを作成
 
スクリーンショット 2015-08-20 15.16.21

遷移先の InterfaceController を
Custom Class で「NextPage」Class に設定します

スクリーンショット 2015-08-20 16.10.49

Segue はボタンからpushでつなぎ
(modalでもこの1画面の場合は同様にできます)
Identifier を「toNextPage」とします

スクリーンショット 2015-08-20 16.06.21

データを渡すcontextForSegueWithIdentifierは
SegueのIDと渡すデータを以下のように設定します

受け取りはcontextから読みだします

まとめるとこうなります
InterfaceController.swift

遷移先のInterfaceController
NextPage.swift

 

Segue を使わない画面遷移

 
pushControllerWithName
presentControllerWithName
を使うとSegue を使わずにできます

新しいInterfaceControllerにCustom Class としてNextPage を割り当てましたが
Interface Controller の Identifierも「NextPage」とします

スクリーンショット 2015-08-20 16.50.44

Segueを使うケースでは
ボタンにSegueを設定していましたので
その代わりに、ボタンタップでの記述を以下のようにします

Reference:
WKInterfaceController

ページのトップへ戻る
 
sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする