[iPhone] NSTimer 設定、定義 (Objective-C)

時間を計測したり、一定間隔で何かをさせたい時のタイムキーパーはNSTimerを使います。iOS7からは Timer Tolerance の機能も追加された。

sponsored link

NSTimer クラスメソッド

NSTimerには下のように5つのを実装方法があります。
Apple refernce: NSTimer Reference

  1. scheduledTimerWithTimeInterval:invocation:repeats:
  2. scheduledTimerWithTimeInterval:target:selector:userInfo:repeats:
  3. timerWithTimeInterval:invocation:repeats:
  4. timerWithTimeInterval:target:selector:userInfo:repeats:
  5. initWithFireDate:interval:target:selector:userInfo:repeats:

よく使う2. のケースについて見てみたいと思います。
 

  • (NSTimer *)scheduledTimerWithTimeInterval:(NSTimeInterval)seconds
    • スケジュールされたタイマーのインターバル時間
  • target:(id)target
    • タイマー開始時にaSelectorを送るためのObject
  • selector:(SEL)aSelector
    • targetに送るメッセージ
  • userInfo:(id)userInfo
    • タイマーへのインフォメーション
  • repeats:(BOOL)repeats
    • YES:繰り返し, NO:1回のみ

 

NSTimer インスタンス メソッド

NSTimer インスタンスメソッドの主なもの

– (void)fire タイマーの開始
– (void)invalidate タイマーの停止
– (BOOL)isValid タイマーが起動中かどうかの判定

他にも幾つかメソッドがあります。
– fireDate
– setFireDate:
– timeInterval
– userInfo
– setTolerance:
– tolerance

ページのトップへ戻る
 
sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする