[iPhone] NSArray の使い方 (Objective-C)

いわゆる配列のことです。リストの要素数が変動する場合は NSMutableArray を使います。

sponsored link

NSArray

Xcode 4.4 以降は NSArray の書き方が変わったようです。結構古い情報を見たので、そのままでやっていたような気がします。

NSArray *arrayNew = @[@”arr1″, @”arr2″, @”arr3″];

参考までに前の書き方は
NSArray *arrayOld = [NSArray arrayWithObjects:@”arr1″, @”arr2″, @”arr3″, nil];

結構他にも古い書き方を使ってしまっているかも

NSArray のその他のメソッド

NSarray を下のように生成した場合に使えるメソッドの例

NSArray *array = @[@”arr1″, @”arr2″, @”arr3″];

要素を取り出す

NSString *str = array[1];

str は arr2 となる

全要素数を取得する

NSUInteger size = [array count];

size は 3となる

要素の検索

BOOL result = [array containsObject:@”arr2″];

result は YES となる

最後の要素を返す

NSString *str = [array lastObject];

str には arr3 が返ってくる

2つの配列が同じ要素であるか判定

BOOL result = [array isEqualToArray array2];

 array2 の要素が同じであれば result には YES が返ってくる

ソートする

NSArray *result = [array1 sortedArrayUsingSelector:@selector(compare:)];

array1 = @[@”aa”, @”yy”, @”kk”];
であった場合、ソートされて
@”aa”, @”kk”, @”yy” となる

結合する

NSArray *array3 = [array1 arrayByAddingObjectsFromArray:array2];

NSArray *array1 = @[@”apple”, @”berry”, @”orange”];
NSArray *array2 = @[@”Tokyo”, @”London”, @”NewYork”];

のばあい2つが結合されて array3 は

@”apple”, @”berry”, @”orange”, @”Tokyo”, @”London”, @”NewYork” となる

ページのトップへ戻る
 
sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする