[iPhone] Hello World! アプリを作る (watchOS 1)

Xcode6.2 が正式にリリースされましたので
ビシバシ Watch アプリを作りましょう

これは watchOS 1のケースです
watchOS2.0 のケース ←こちらです
 
そして、ご丁寧にAppleさんから催促のようなメール
 
スクリーンショット 2015-04-02 19.12.25
 
ちょっと、高いんですけどね
野良ディべロッパー向けに安くしてほしい
 

Xcode6.2 でプロジェクトの設定

 
とは言え最初は、定番の「Hello World!」からです
 
Apple Watch では WatchKit を使ってアプリを作ります
これを iOS アプリに追加する形でXcodeで設定していきます
 
最初にiOSプロジェクトをいつものように作成します
ここではTestAppleWatchで作りました
Xcodeは6.2以降である必要があります
 
スクリーンショット 2015-03-23 20.52.45
 
これに Apple Watch を追加します
「File」->「New」->「Target」
 
スクリーンショット 2015-03-23 20.34.52
 
「Apple Watch」 を選択
 
スクリーンショット 2015-03-23 20.39.00
 
オプションを選んで「Finish」
 
スクリーンショット 2015-03-23 20.39.25

 
「Activate」します
 
スクリーンショット 2015-03-24 12.30.01
 
Target に
WatchKit Extention
watchKit App
が追加されました
 
スクリーンショット 2015-03-24 12.32.45
 
InterfaceController.swft
Notification.swif
InterfaceController.storyboard
が追加されました
 
スクリーンショット 2015-03-23 20.40.05
 

Swift でコーディング

 
InterfaceController.swft にコーディングします

 
ストーリーボードのラベルを置くことを想定して
@IBOutlet var label
APIは
WKInterfaceLabel
です
また文字の設定は
setText()
 

ストーリーボードの設定

 
Interface.storyboard を開くと
いくつかの Scene が表示されます
この中の、一番上にある
「Interface Controller Scene」
を使います
 
ラベルを選択して
「Interface Controller Scene」上に置きます
 
スクリーンショット 2015-03-24 12.38.29
 
ラベルを右クリックして
「New Referencing Outlet」から
「Interface Contorller」にひっぱり
先ほど設定したlabelに結びます
 
スクリーンショット 2015-03-24 13.10.07
 
接続できました
 
スクリーンショット 2015-03-24 13.14.51
 
これで、アプリを実行させます
 
iPhone6のシュミレータで起動すると
Watchに「Hello World!」が表示されました
 
スクリーンショット 2015-03-24 11.39.26
 
Apple のサンプルコード、Swift と Objective-C
https://developer.apple.com/library/ios/samplecode/Lister/Introduction/Intro.html

ページのトップへ戻る
 
sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする