[iPhone] Apple Watchアプリ申請 Certificate, App ID, Provisioning Profile

Apple Watch の申請は骨が折れます
watcgOS1 から2に変わって設定も変わってしまいましたので注意です
例えば watch がiOSから独立したので
watchOS1 から微妙に変わっています
 

App 申請

 

iOS Certificate

 
以前に申請作業をしていれば
Certificate は作成済みだと思います
1年の期限切れに注意しましょう
初めての場合はこちらを参考にしてください
iOS Certificate
 

App ID

 
例として「WatchApp」という名前で
プロジェクトを作成してやってみます
Apple Watch のTargetはプリフィックスで

WatchAppWkと作成すると

– WatchApp
– WatchAppWk
– WatchAppWk Extension
が作成されます
それぞれに「Bundle Identifier」があり
Provisioning Profile が必要です

スクリーンショット 2015-11-05 15.45.40

 
Apple Developer の
Certificates Identifiers & Profiles にアクセス
App IDをそれぞれ設定します
ここでは分かりやすくするためデフォルトで作成される
Bundle IDを使うことにします

Name Bundle ID
WatchApp com.hoge.WatchApp
WatchAppWk com.hoge.WatchApp.watchkitapp
WatchAppWk Extension com.hoge.WatchApp.watchkitapp.watchkitextension

watchOS1 でリリースしていると
このApp IDではまることになります

WatchAppWk.watchkitapp ではないようです

 
基本的なApp IDの設定はこちらです
 

Provisioning Profile

 
Provisioning Profiles の Distribution に
新たに3つ追加します
 
スクリーンショット 2015-06-12 19.12.43
 
App ID をそれぞれ、iPhone, extention, app に応じて設定します
 
「+」ボタンで追加、 Distribution の「App Store」を選びます
 
スクリーンショット 2015-11-05 13.16.30

 
App ID を選択
 
applewatch_release_002
 

Certification の選択

applewatch_release_003
 
Profile Name の設定
WatchApp distribution
WatchAppWk distribution
WatchAppWk extension distribution
とします

 
applewatch_release_004
 
出来上がったProfileをダウンロードする
 
applewatch_release_005
 
Mac にダウンロードされている

 
スクリーンショット 2015-07-02 18.23.34
(古い画像)

 
xxx.mobileprovision ファイルを
ダブルクリックしてライブラリーに登録する
 
スクリーンショット 2015-07-02 18.24.52

(古い画像)

 
次は、Xcode とiTunesの設定 です

ページのトップへ戻る
 
sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする