[iPhone] Apple Watchアプリを AdHoc テストする Provisioning Profileの生成

Apple へのアプリ申請は結構面倒ですが
Apple Watch は更に煩雑な手順を踏まないとできないようです
例えば WatchKit Extension, App にも
Provisioning Profileを用意しないといけません
事前のテストとして Ad Hoc の設定を試してみました
 

Ad Hoc

 

iOS Certificate

 
以前に申請作業をしていれば
Certificate は作成済みだと思います
1年の期限切れに注意しましょう
初めての場合はこちらを参考にしてください
iOS Certificate
 

App ID

 
例として「WatchApp」という名前でプロジェクトを作成して
Apple Watch のTargetを追加
– WatchApp WatchKit Extension
– WatchApp WatchKit App
が作成されます
それぞれに「Bundle Identifier」があり
Provisioning Profile が必要です
 
Apple Developer の
Certificates Identifiers & Profiles にアクセス
例のようにApp IDを設定します

Name ID
WatchApp com.hoge.WatchApp
WatchApp watchkit extension com.hoge.WatchApp.watchkitextension
WatchApp watchkit app com.hoge.WatchApp.watchkitapp

 
スクリーンショット 2015-06-12 17.28.40
 
基本的なApp IDの設定はこちら
 

UDID

 
テストする実機のUDIDを登録しなければテストできません
Android のようにビルドファイルを渡せばテストできるように
ゆるくはありません
 
この場合も、iPhone と Apple Watch の両方を設定します
 
UDID は、iPhone と Apple Watch がペアリングされた状態で
iPhone をUSBにつなぎXcodeを起動
「Window」->「Devices」にIDが確認できます
 
スクリーンショット 2015-06-12 19.16.17
 
Certificates Identifiers & Profiles のDevices にある
「Apple Watch」の項目にこのUDIDを設定します
 
スクリーンショット 2015-06-12 19.24.53
 

Provisioning Profile

 
Provisioning Profiles の Distribution に
新たに3つ追加します
 
スクリーンショット 2015-06-12 19.12.43
 
App ID をそれぞれ、iPhone, extention, app に応じて設定します
 
スクリーンショット 2015-06-12 18.14.13
 
Certification の選択
 
スクリーンショット 2015-06-12 18.14.33
 
UDIDを設定したApple Watch, iPhoneの設定
 
スクリーンショット 2015-06-12 18.14.51
 
Profile Name の設定
 
スクリーンショット 2015-06-12 18.15.21
 
出来上がったProfileをダウンロードする
 
スクリーンショット 2015-06-12 18.15.32
 
Mac にダウンロードされている
 
スクリーンショット 2015-06-12 19.05.53
 
xxx.mobileprovision ファイルを
ダブルクリックしてライブラリーに登録する
 
スクリーンショット 2015-06-12 19.44.48
 
次は、Xcode の設定とiTunesでのテスト です

ページのトップへ戻る
 
sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする