[Android] Mac Eclipse 開発環境

ADT はADT 23.0.4 (October 2014)を最後に更新されていません
その代り、Android Studio が正式版となりましたのそちらへの移行が推奨されています。
 
 
iPhone の開発は Mac の Xcode でしか基本的にはできません
Android はEclipse があればできるので、Mac でも開発ができてしまいます
そうすると、Macだけで両方やりたいという人が増えてきますねー
 
最近はADTを使います、Eclipseと Android SDK, 最新プラットフォーム(古いバージョンは後から入れる必要あり)
これらが bundle(束)にされて、ひとまとめとなっているので簡単です
 
Windows環境での設定は こちら です
 

ADT をインストール

 

ADT ダウンロード

 
こちらから ADT をダウンロードします
(旧URL developer.android.com/sdk/index.html)
http://enos.itcollege.ee/~jpoial/allalaadimised/AndroidSDK/
 
adt_1
 
規約を承認するチェックボックスにチェックをして
ADT SDK for Mac をダウンロード
 
adt_2
 
ダウンロードフォルダにzipファイルが落とされています
 
adt_3
 
それをダブルクリックして解凍
 
adt_4
 
adt フォルダを「アプリケーション」フォルダに移動させます
 

Security Privacy 変更

 
Macの「システム環境設定」->「セキュリティとプライバシー」の設定を変更
 
adt_5
 
セキュリティとプライバシーの左下のアイコンをクリック
管理者権限のパスワードを入力して変更可の状態に
「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」を「すべてのアプリケーションを許可」に変更
 
adt_6
 

JAVA インストール

 
Java がインストールされていないと、Java をインストールするように求められるので
ここでインストールしておきます
 

Eclipse を起動

 
ADT のeclipseフォルダにある
eclipse.app
をクリックして起動させます
 
adt_7
 
workspace を設定
 
adt_8
 
下の画面が出たら、インストール完了です
 
adt_9
 

ADTの設定

 

Android SDK のダウンロード

 
インストールされた Android SDK のバージョンをみてみると最新のバージョンしか入っていません
 
adt_10
「Android SDK Manager」を使って
旧バージョンのSDKをダウンロードします
「Windows」->「Android SDK Manager」から
 
adt_11
Android SDK Manager が表示され
Select 「New」をクリックするとインストールされていないパッケージにチェックが入ります
「Install xxx packages …」をクリックするとダウントードが始まります
(回線スピード等によりますが、1時間以上かかると覚悟してください)
 

ADT Plug-in の更新

 
Plug-in を更新します
やり方は以下にあります
https://developer.android.com/sdk/installing/installing-adt.html

リポジトリは最新情報では(2014/0710)
https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/
に設定して追加します
 
「Help」->「Install New Software」
ADT Plug-in のリポッジトリを「Add」して登録
 
adt_13
 
インストールするソフトウェアをチェックして「Next」としていき
 
adt_14
 
終了して、ADTのリスタートが要求されれば終わりです
 
次は、簡単なボタンで動くアプリを作ってみましょう
簡単な Button アプリ
 
 

Android 5.0 アップグレードでのビルドエラー

 
Android 5.0 API 21 Lollipop によりビルドエラーが起きることがあります
対策は こちら です

ページのトップへ戻る
 
sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする